1. HOME
  2. 事業案内
  3. VR・AR事業

VR・AR事業

VR・AR事業

VR・AR事業

SERENITYが目指すVRは「WEBVR」

スマートシティ内で仮想現実「バーチャル・リアリティ」(VR)を用いる事で、リアルと現実の境目を忘れる事が出来るはずです。SERENITYではVRの普及を加速していくために「WEBVR」の開発を行っております。「WEBVR]とはWEBブラウザ上でVRを体験できるシステムのことで、現在はVRを体験するため専用のゴーグルを使用する必要がありますが、「WEBVR」はログインする事ですぐにVRの世界に入っていけるという技術です。

  • VR(バーチャルリアリティ)とは

VR(バーチャルリアリティ)を活用したモデルとは?

VRとは(英語:Virtual Reality「バーチャル・リアリティー」の略称で、仮想現実の事をさします。現実の世界とは違う世界をVRでは体験することが可能です。例えばGoogleの地図がVRで販売されてますが、この地図をインストールすると世界のどこにでも一瞬にしていく事が可能です。この技術を利用すると現実かそれ以上の同じ世界を作り上げ、その世界で人々と交流することが可能になります。今まで通勤や出張で出向いていた時間や費用が削減されることはメリットにあげれます。

  • AR(拡張現実とは)

AR「Augmented Reality(オーグメンテッド・リアリティー)」を活用したモデルとは

ARは(英語:Augmented Reality「オーグメンテッド・リアリティー」)の略称で拡張現実の事を指します。VRと異なる点は「仮想現実」で行われているのか「現実世界」で起こっている事象なのか?です。例えるなら、にゅうめんを食べながらゴーグルをした状態で食べると拡張現実の中ではラーメンが映り出され、まるでラーメンを食べているような錯覚に陥ります。またゲームの世界でもスマホで現実世界をかざすとアイテムが映し出されGET出来るという様な技術のことです。

これから始まる5Gサービス(次世代型通信サービス)において現実でも自動運転やドローンでの宅配サービスまたは空飛ぶ自動車の開発など技術革新がますます進みます。私たちは現実のスマートシティ開発とは異なり、バーチャル空間でのスマートシティ開発を行います。そして「WEBVR」の開発によりVRがより身近になり、人々の暮らしを豊かにすることがこの事業の目的です。