1. HOME
  2. 事業案内
  3. バーチャルスマートシティ事業

バーチャルスマートシティ事業

virtual smartcity

バーチャルスマートシティ事業

New York New York(ニューヨーク・ニューヨーク)として展開するバーチャルスマートシティ事業

New York New York(ニューヨーク・ニューヨーク)として展開するバーチャルスマートシティ事業はNew Yorkと同じ面積の土地からなる都市開発で広大な面積の土地にまだTGRランドタワーという超高層ビルしかありません。今後はこちらのビルにキラーコンテンツをお持ちの企業を誘致してスマートシティ内で楽しむことが出来ます。

キラーコンテンツの拡充で人口が増加

キラーコンテンツをお持ちの企業誘致により、スマートシティ内ではコンテンツが拡充し流入人口が増加します。スマートシティの価値はリアルより楽しく・便利で無ければなりません。その開発を担っているのがセレニティなのです。5Gによる通信速度の圧倒的なスピードで今まで不可能だった事が可能になり、近い将来リアルで起こるほとんどの事がスマートシティ内で完結することでしょう。

私たちはバーチャル空間を提供することで人々の生活がより豊かになると考えております。例えば仕事を考えた時に、自分をスキャンしたアバターがバーチャル空間に存在し、バーチャル上のオフィスで仕事をすることが可能になります。都会では当たり前の満員電車で通勤する必要性がなく、通勤時間を削減することで家族と一緒に過ごす時間が増え、自分のゆとり時間を増やす事で人生が豊かになると考えています。

バーチャルスマートシティに一歩入れば世界旅行はいつでも可能です。現実世界と見間違うほどの圧倒的な正解に瞬時に移動し、遺跡や世界遺産などゆっくり観光することが可能なのです。

そんな未来を作り出すのが私たちの使命と考え、そしてこの技術を使うことで生まれながらにして教育を受けられない人々にも環境をくつがえし、人生を謳歌できるシステムを作る事が企業としての目標です。